スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳卒中にも、効く~緑茶、コーヒー!!

以前に、「コーヒー飲んで長生き」でも、書かれていたけど、コーヒーがいろいろな病気のリスクを減らすようだ。

きょうのGooのニュースの記事から

**********

緑茶、コーヒーで脳卒中リスク減=8万人追跡調査―循環器病センター
2013年3月15日(金)08:21

 緑茶やコーヒーをよく飲む人ほど脳卒中になるリスクが軽減されるとの調査結果を、国立循環器病研究センターなどがまとめ、米医学誌「ストローク」(電子版)に発表した。

 調査は1995年と98年に、岩手、新潟、長野、高知、長崎、沖縄県などにある九つの保健所管内の45~74歳の男女約8万2000人を対象に実施。緑茶および缶コーヒーを除くコーヒーの摂取頻度のアンケート調査を行い、2007年末まで追跡調査したところ、うち3425人が脳卒中を発症していた。

 緑茶の摂取頻度で発症リスクを比較したところ、頻度の最も少ない「飲まない」人に比べ、最も多い「毎日4杯以上」の人は20%、「毎日2、3杯」の人は14%リスクが低かった。

 コーヒーでは、「飲まない」人に比べ、頻度の最も多い「毎日2杯以上」で19%、次いで「毎日1杯」で20%、「週3~6日」で11%、それぞれリスクが減った。

 また、緑茶もコーヒーも両方飲まない人と比べると、緑茶を毎日2杯以上飲むか、コーヒーを毎日1杯以上飲むと、脳卒中のリスクがそれぞれ約3割低下した。 


************************

緑茶やコーヒーの抗酸化力が病気のリスクを減らし、健康で長生きする率が高くなるらしい。
スポンサーサイト

裸足で走れば、ひざにやさしい

2013年3月7日毎日新聞の夕刊記事~Dr.白澤「100歳への道」

裸足で走れば

自転車競技やスピードスケートの米国オリンピックチームのコーチとして有名なマイケル・サンドラー氏は2004年に自転車でアメリカ大陸を横断した。06年にはロサンゼルスからニューヨークまで全4000マイル(約6400キロ)を路上を滑走するインラインスケートで横断することを計画した。

その練習中のことだ。突如、目の前を子どもが横切った。サンドラー氏はスライディングして子どもとの衝突を回避しようとし、腰と腕と足3ヶ所を骨折した。左脚の大腿骨と股関節にはチタンが埋め込まれた。
事故後2カ月間は松葉杖をついていたが、4ヶ月目で腰のピンが取れ、6ヶ月後には奇跡的に復帰を果たした。

しかし、彼の左脚が右脚より1インチ(約2.5センチ)長くなってしまい、最初はスムーズに歩くことさえできなかった。不屈の精神の持ち主だったサンドラー氏は裸足でのトレーニングを開始、脚の長さの差による運動機能障害を克服し裸足のランナーとして見事に復帰したのだ。

拇指球着地でひざにやさしい

「裸足で地面に接すると足の裏から複雑な情報が入力され脳の中でマップが構築される」とサンドラー氏は著書「ベアフットランニング」で力説。脚の長さの差は自動的にこのマップの中で調整され、脳の中では左右の脚は同じ長さになっていると考察している。

裸足で走るとかかとから着地しないで拇指球(親指の付け根のふくらんだ部分)から着地する。その後、重心がかかとに移動するときにアキレス腱が緩衝となり着地のインパクトが吸収され、膝関節への負担が解消される。膝に優しい走り方になるのだ。いきなり裸足で走るのに抵抗がある人には、最近では裸足感覚で走れるシューズが発売されている。まずはこうしたシューズを履いてウォーキングやジョギング、ランニングを楽しんでみたらどうだろう。

(白澤卓二・順天堂大大学院教授)

ケトン体ダイエット

2013年2月28日毎日新聞夕刊記事~Dr.白澤「100歳への道」

ケトン体ダイエット~~高血糖にならないから眠くない

ケトン体ダイエットとは、通常1日に200~300グラム摂取している炭水化物の摂取量を20~40グラムに制限し、糖質の変わりに脂肪をエネルギーとして使うダイエット法である。
米国のロバート・アトキンス博士が考案したダイエット法を改良したものだ。

糖質を減らすと、代わりに体内の脂肪が分解され肝臓でケトン体が作られ、脳や筋肉がケトン体をエネルギーとして使うようになる。結果として、体内の脂肪を燃焼しやすい状態となり体重が減るという理論だ。ただ、ケトン体が増えると体内が酸性になり、長く続けると体に良いばかりではないとの説もある。特に糖尿病のうたがいのある人は医師と十分に相談すべきだろう。

ケトン体ダイエットを試したある30歳代の男性は、血液中のケトン体が通常の約100倍になったが、体調を崩すことなく減量を達成できた。減った体重は1ヶ月で9.2キロ。ただ、減量以上に喜ばれたのは、食後に眠くならないことだった。

昼ごはんを食べた1時間後ぐらいに急に睡魔に襲われる人は多いだろう。これは昼に摂取した糖質による効果なのだ。丼ものや麺類などの炭水化物を食べると一時的に血糖が上昇しテンションが高まる。その後、高血糖に反応してインスリンが作用し血糖が急降下し、この時、激しい睡魔におそわれる。血糖が急降下すると気分がイライラして、時にキレたり、意識レベルが低下することもある。これらの症状は食事の糖質とそれに反応するインスリンの作用だ。

ケトン体ダイエットだと糖質を制限するため、高血糖にならずインスリンが作用せず、食後に眠くならない。午後の会議でこっくり、こっくりという事態は避けられそうだ。

(白澤卓二・順天堂大大学院教授)
プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。