スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦さんのエベレスト登頂成功の秘訣は

2013年5月23日毎日新聞夕刊記事~Dr.白澤「100歳への道」

長寿気質は遺伝するのか

私の長寿研究は登山家でプロのスキーヤーだった三浦敬三さん(享年101)が100歳でも山スキーを若者のように楽しんでいたことから始まった。
敬三さんは100歳の時、「一日として同じ雪を滑ったことはない」と話し、最後の最後まで研究心を忘れなかった。長寿モデルの原点となり、多くの教訓を我々に与えてくれた。

敬三さんは「まじめ」で、目標に向かって、「コツコツ」と日々の努力を重ねていくタイプの性格。
一方、長男で冒険家の三浦雄一郎さん(80)は冒険好きでチャレンジ精神が旺盛だ。
1970年にはエベレストのサウスコルをスキーで滑降。その勇敢な姿を記録した映像「エベレストを滑降した男」は米国アカデミー賞の長編記録映画部門賞を受賞した。
今年も80歳にして3度目のエベレストの登頂にチャレンジ。このコラムが読まれる頃には「成功」の一報が届いているかもしれない。
対照的な性格の敬三さんと雄一郎さんだが、共通する気質は何だったのか。

「家族に絶えず笑い」共通

米ニューヨークのアインシュタイン医科大学のニール・バルジライ博士らの研究チームは、遺伝的特性が均質である東欧系ユダヤ人243人を対象に長寿者の性格や気質を調査。その結果、100歳前後まで長生きする東欧系ユダヤ人は外交的で楽天的な性格を有していることが分かった。さらに、人生に対して前向きで「よく笑うことが人生には重要」と認識している人が多かった。幅広いヒューマン・ネットワークを持っていることも明らかとなった。

東欧系ユダヤ人のように、三浦ファミリーには「笑い」が絶えずあり、幅広い人脈をつくることができる点は敬三さんと雄一郎さんに共通する長寿気質なのかもしれない。

(白澤卓二・順天堂大大学院教授)

スポンサーサイト

ポリフェノールに寿命を延ばす効果

2013年5月2日毎日新聞夕刊記事~Dr.白澤「100歳への道」

医者いらずのリンゴ

昔から「1日1個のリンゴは医者いらず」というが、最近、リンゴの健康長寿効果に関する分子メカニズムが解明され話題を呼んでいる。
 3月に開催された日本農芸化学会年次大会で、アサヒグループホールディングの砂川忠広研究員が、リンゴの皮に含まれるポリフェノールに動物の健康寿命を延伸させる効果があると発表した。
砂川研究員はリンゴ農家が果実を大きくするために間引いた「若摘みリンゴ」の皮の直下のポリフェノール濃度が高いことに注目。この若摘みりんごのポリフェノールの成分を調べたところ、主成分は日本茶に含まれるカテキンが重合(二つ以上の分子化合物が結合して別の化合物を生成する反応)することによってできる化合物「プロシアニジン」であり、重合化することにより抗酸化力が増強していた。

さらに線虫という体長1ミリほどのモデル動物に若摘みリンゴのポリフェノールを作用させると、線虫の寿命が延びた。一方、今話題のサーチュインという長寿遺伝子のスイッチがオンしない変異線虫ではリンゴポリフェノールを作用させても寿命延伸効果は観察されなかった。

この実験からリンゴポリフェノールの作用はサーチュインという長寿遺伝子に働くことが証明された。
カロリー制限によってサーチュイン遺伝子をオンできることは既にわかっており、カロリー制限せずにサーチュイン遺伝子をオンにする食材が待望されていたが、ブドウに含まれるレスベラトロールに引き続きリンゴのポリフェノールにその作用が確認されたわけだ。
この報告でリンゴの「医者いらず」効果を担う分子が同定された。今後はサプリメントでリンゴポリフェノールを摂取することで、より効率よく老化のスピードを制御できる可能性が期待される。

(白澤卓二・順天堂大学大学院教授)

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。