スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果物は生で

2017年5月11日 毎日新聞夕刊記事「Dr.白澤『100歳への道』より」

糖尿病と果物

糖尿病をいったん発症すると認知症のリスクは2倍、寿命は10年短縮するといわれている。日本を含む東アジア諸国では糖尿病の増加が問題化しているが、伝統的なアジア食に比べ、欧米から輸入された食文化であるファストフードや炭酸清涼飲料水は精製糖質の割合が高く、糖尿病の発症リスクを高めているとされる。一方、果物の摂取に関しては、果物に含まれる天然糖質が糖尿病によくないとする研究結果や、果物の食物繊維が糖尿病の発症を予防するとの研究結果があり結論が出ていない。

生で食べると予防効果も

そんな中、英オックスフォード大のファイドン・デュ博士らの研究チームは、果物を生で摂取すれば糖尿病の発症を予防する効果があることを明らかにした。 チームは中国のバイオバンク調査に参加した48万2591人の中国人を対象に約7年間の追跡調査をし、生の果物の摂取量と糖尿病の発症リスク、糖尿病の合併症のリスクと死亡率との関連性を調査した。その結果、生の果物をたくさん摂取する群は、摂取量が最も少ない群にくらべ、糖尿病の発症率が12%、総死亡率が17%低かった。すでに糖尿病を発症している3万300人を対象に解析すると、果物をたくさん摂取している群は最も少ない群に比べ、総死亡率が41%低下、糖尿病性網膜症の合併率が31%低下、抹消神経症が24%低下、虚血性心疾患が8%低下、脳卒中の合併率が16%低下することが分かった。
 こうした効果のメカニズムは不明だが、血糖の上がりやすいバナナ、ブドウや南国フルーツなどの摂取より、食物繊維が多く血糖が上がりにくいリンゴ、ナシやオレンジなどの摂取が中国では多い点をデュ博士は指摘する。
 糖尿病の発症を防ぎ認知機能を維持するためにも、血糖の上がりにくい果物を生で積極的に摂取するのが良さそうだ。
                   
   (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)
スポンサーサイト
プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。