スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしゃくは脳のジョギング

毎日新聞 2012年8月30日夕刊 「Dr.白澤 100歳への道」から

『そしゃくは脳のジョギング』

オランダで115歳と62日生きた女性の解剖結果が、医学雑誌に公表された。
それによると、驚くべきことに、脳には老化の兆候が全くなく、記憶をつかさどる海馬の萎縮も認められなかった。彼女は、毎日の食卓にニシンを欠かしたことがなかったという。
ニシンに含まれている不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸と呼ばれ、うつを予防し認知機能を改善する効能があるブレーンフードと呼ばれている。ニシンは噛み応えがあるので、彼女は毎日、何回もかむことが習慣化していた。

最近、そしゃくそれ自体に認知機能を保つ働きがあることが明らかとなった。
神奈川歯科大学の小野弓絵准教授は、被験者に2分間チューインガムをかませた後、機能的磁気共鳴画像化装置(fMRI)を使って脳の活性化部位をみると、高齢者では記憶をつかさどる海馬の活動領域が拡大していることが分かった。
実際に、高齢者と若者にガムをかみながら記憶テストを受けてもらうと、若者ではかんだ時もかまなかったときも正答率に差がなかったのに対し、高齢者はガムをかむことによって正答率が優位に上昇したのだ。
そしゃくを習慣化している人は認知機能が保たれる理由のひとつが解明された。

つまり、そしゃくは高齢期に低下する感覚入力を補い、さび付いた神経回路を活性化する“脳のジョギング”のようなものなのだ。わざわざ出かけなくても、食事でできる“ジョギング”なのだ。
 (白澤卓二・順天堂大大学院教授)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。