スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症の予防は、できるか?

NHK「ためしてガッテン」2012年09月26日放送
『まさかコイツが原因!? アルツハイマー新予防』

アルツハイマー型認知症。未だに完治させる治療法はありません。
ところが近年、非常に注目されている予防法があるんです。
糖尿病の人が、アルツハイマー病認知症になる危険性が高いと分かったのです。
食習慣が脳に与える影響を検証し、且つ軽度認知障害の人でもできる予防をご紹介します。

アルツハイマー病の原因は?
アルツハイマー型認知症は、たくさんある認知症の原因の中で最も患者数が多く、その半分以上を占める病気です。
この病気を引き起こす原因はアミロイドβと呼ばれる老廃物ですが、低血糖の原因になるインスリンを分解するインスリン分解酵素が、副業としてアミロイドβを分解します。しかし、インスリンが多すぎると、インスリン分解酵素が忙しくなり、アミロイドβに手が回らなくなります。

中年太りが脳細胞を破壊する!?
慢性的にインスリンが多い人は2型糖尿病と糖尿病予備軍です。インスリンの分泌には個人差がありますが、糖尿病の初期段階や肥満の人が、高血糖な分だけインスリンも多く分泌されてしまいます。
これらインスリン過多の状態を防ぐには糖尿病や肥満にならない食生活が大切です。
炭水化物の重ね食い(寿司とうどん等)を続けたり、高脂肪なものなどを食べ過ぎたりする食習慣は、太るだけでなく脳に悪影響を与えます。

軽度認知障害でも大丈夫!
記憶力が低下していたりして健康とは言えないが認知症と診断されるレベルでもない状態を軽度認知障害と言い、5年で半数以上が認知症を発症すると言われています。

そんな人たちが集まって認知症予防活動をし、劇的な効果を上げているグループがあります。
大分県宇佐市安心院(あじむ)町。参加者は10名以下のグループに分かれて週一回集まり、毎回、料理の献立や遊びなど自分たちで活動内容を決め、長時間頭を使い続ける料理や、脳を活性化させる有酸素運動など、認知症予防に良いとされる活動を行っています。
他にも短時間(30分以内)の昼寝は認知症予防に効果があるとの報告があります。ただし長時間の昼寝は、睡眠に支障をきたすので注意しましょう。

インスリンが多い人は?
2型糖尿病の初期段階や糖尿病予備軍の人たち
インスリンの分泌には個人差がありますが、2型糖尿病の初期や糖尿病予備軍は、インスリンを分泌するすい臓がまだまだ元気な人が多いんです。その上で高血糖なのでインスリンが大量に分泌されてしまいます。

肥満の人
脂肪からインスリンの効きを悪くする物質が出てくるので、血糖を処理するために大量のインスリンが必要になってしまいます。

運動不足 筋肉不足
血糖は筋肉で処理されますが、運動不足で消費されなかったり、そもそも筋肉が少ないと血糖が処理される場所が少ないので高血糖気味になり、それに対応してインスリンも多く分泌されてしまいます。

軽度認知障害の人たちが行っていた認知症予防
●料理
献立は何にするか?材料は何がどれくらい必要か?買い足す材料は何か?どう切るのか? どの道具でどう料理するのか?味付けはどうするか?などなど料理は意外と長時間に渡って様々なことに頭を使い続けます。

●短時間の昼寝
30分以内の昼寝は認知症予防に効果があるとの報告があります。長時間眠ってしまうと 夜の睡眠の妨げになり逆効果になってしまいます。

●有酸素運動
体操やジョギングなど有酸素運動は脳を活性化させます。誰でもできる軽い運動でも脳は活性化するので無理をする必要は無く、楽しく継続させることがコツです。


※インスリンの量をはかる血液検査ですが、一般的に健康な方がはかる必要はありません。また、その数値で将来アルツハイマー病になりやすいかどうか判断できるものでもありません。太っておらず、血糖値も正常、一日中絶えず食べたり飲んだりしていなければ、インスリンが多すぎるということを過剰に心配する必要はありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。