スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のフォアグラ 要注意!!

2012年9月27日毎日新聞夕刊記事から~Dr.白澤 『100歳への道』

ヒトのフォアグラ 要注意
フォアグラはキャビア、トリュフとともに世界三大珍味の一つ。赤ワインを飲みながら口の中に広がる独特の香りと食感を楽しみにしているグルメファンも多いだろう。
そんなフランス料理の定番が、7月から米カルフォニア州で楽しめなくなった。違反者には1,000ドルの罰金が科せられる。動物愛護団体が、肝臓を太らせるためにカモやガチョウにむりやり餌を食べさせることは残酷であると訴えたためだ。
フォアグラはフランス語。フォアは肝臓、グラは(gras)は「脂の多い」、つまり「脂肪肝」を意味する。
ヒトの「脂肪肝」は日本国民の3人に1人が潜在的にかかっているといわれる代表的な生活習慣病の一つ。
もともと肝臓は3~5%の脂肪を含んでいるが、脂肪が5%超えた状態を「脂肪肝」と診断している。

沈黙の臓器 定期的に
肥満や糖尿病、アルコールの飲みすぎが原因で、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発している。肝臓は「沈黙の臓器」なので自覚症状がなく、定期的な健診を受けることが重要になる。

ヒトでは脂肪が肝臓や筋肉にたまる状態を医学的に「異所性脂肪侵潤」と呼んでおり、脂肪肝は病気と考えられている。一方、鳥のカモやガンは長距離にを飛ぶためにエネルギー源として肝臓に脂肪を蓄える生理学的きのうを持っている。実際、渡り鳥は「渡り」の時期が近づくと食物をあさり、肝臓に脂肪を蓄える修正があることが知られている。つまり鳥類の脂肪肝は病気ではなくて「渡り」に必要な絵なるぎーの貯蔵なのだ。
ヒトが食料なしに長距離を走らなければならない状況になれば、タフなのは「脂肪肝」の人という理屈になるが、そんな人はまれ。長寿のためにはヒトのフォアグラは避けたい

(白澤卓二・順天堂大大学院教授)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。