スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲むならワイン

2012年10月25日(木)毎日新聞夕刊記事から~Dr.白澤「100歳への道」

飲むならワイン

「通風」は高尿酸血症が原因となって関節炎を来たす疾患で、風が当たっただけでも関節が痛むことから命名されたと言われている。血中の尿酸濃度が著しく上昇すると、関節内で尿酸が結晶化して激しい痛みを伴う発作を誘発するのだ。ビールが通風発作のリスクを高めるのはよく知られているが、ワインはそのリスクを高めないことがわかった。

米マサチューセッツ総合病院リウマチ科のヒョン・コワ博士は、健常成人男性4万7150人を12年間追跡し、アルコール摂取量と通風発作との関連を調べた。
その結果、アルコールを1日10~15グラム摂取する男性の発作の危険度は、アルコールを全く摂取しない男性に比べて1.32倍、15~30グラムだと1.96倍、50グラム以上は2.53倍に上昇していた。
中でもビールは発症危険度を最も高めるアルコール飲料だったが、ワインを飲む男性の危険度は上昇していなかった。

ワインは、通風リスク 上昇せず
尿酸はプリン体と呼ばれる物質の代謝産物で、プリン体をたくさん摂取すると通風発作の引き金となる。
プリン体は肉や魚、乳製品、野菜に含まれるが、肉や野菜に含まれるプリン体に比べ、乳製品や野菜に含まれるプリン体は通風発症の危険度を高めないことも分かった。

肥満傾向があり肉をたくさん摂取する男性は、肥満傾向がなく肉の摂取量が少ない男性に比べ通風発作の危険度は2.25倍。魚の場合は2.73だった。一方、肥満傾向にある男性でも乳製品をたくさん摂取すると通風発作の危険度は0.74倍、肥満傾向がない男性だと0.58に現象していた。
尿酸値の高い男性は、肉と魚を食べるのを控え、飲むならワインと牛乳がおすすめかもしれない。

(白澤卓二・順天堂大大学院教授)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。