スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動の勧め

2012年11月22日毎日新聞夕刊から「Dr.白澤 100歳への道」

運動の勧め

運動が体に良いことは誰でも知っているだろう。 
世界保健機構(WHO)が2008年に出したガイドラインは週150分という中程度の運動を推奨している。
 台湾の彰化師範大学のポウェン・ク博士の調査によると、米国では成人の3人に1人がWHO推奨基準を満たしているのに対し、台湾や韓国など東アジア人では、5人に1人だった。
 それでは、大半の東アジア人は運動による健康増進効果を全く期待できないのであろうか。

一日15分でいいから

台湾の衛生研究所のチパン・ウェン博士らは、96~08年に医学プログラムに参加した台湾人41万6175人を平均8年間追跡調査した。
1週間の運動量によって3グループに分け、グループごとの死亡率及びがんの発症率を比較・検討、結果をイギリスの医学雑誌ランセットに発表した。
3グループとは、
 ▽ほとんど運動しない群(約22万人)
 ▽一日に約15分または週平均92分の運動をしている低運動量群(約9万人)
 ▽週150分のWHO基準を満たす中程度以上の運動量群(約10万人)。

各群の平均余命を計算したところ、低運動量群は運動をほとんどしない群に比べて全死亡リスクが14%、がんによる死亡リスクは10%低かった。
30歳での平均余命は、男性で2.55年、女性で3.10年長かった。
 
一方、WHO基準を満たす中程度以上の運動群では、運動をほとんどしない群に比べて全死亡リスクが26%、がんによる死亡リスクは17%低く、30歳時点での平均余命は男性で4.21年、女性で3.67年長かった。
運動時間が長いほど健康増進効果が高かったわけだが、無理をする必要はない。
1日15分の運動でも十分効果があるのだ。

   (白澤卓二・順天堂大大学院教授) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。