スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚介類の摂取で、心臓病、動脈硬化を予防

2012年12月27日毎日新聞夕刊記事より~Dr.白澤「100歳への道」

魚介類の摂取

2006年の世界保健機関(WHO)の報告によると、日本人の魚介類消費量はアイスランドと並び世界一。
アイスランドは日本と同様、世界トップクラスの長寿国だ。すなわち、国民1人当たりの魚介類消費量とその国の平均寿命との間には正の相関が見出されているのだ。
 
心臓病、動脈硬化を予防
魚の摂取量が健康長寿につながるのは、魚に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸
(DHA)などのオメガ3系脂肪酸が心臓病や動脈硬化を予防する効果があるからだ。

心臓病とオメガ3系脂肪酸の関係は、70年代のグリーンランドに住むイヌイット族の研究が発端だった。イヌイット族とデンマーク人の食事を比較したところ、両者の摂取カロリーや脂肪量はほぼ等しかったのに、デンマーク人の心臓病による死亡率は34.7%、イヌイット族はたったの5.3%だった。食べているものをみると、イヌイット族が魚やアザラシを食べていたのに対し、デンマーク人は牛肉や豚肉を食べていた。アザラシの脂にはEPAが豊富に含まれている。

そんなオメガ3系脂肪酸の摂取は、認知症の予防にもなることが最近の研究によって明らかになった。米カリフォルニア大ロサンゼルス校医学部神経科学科のギゼール・リム博士らの研究チームは、アルツハイマー病を発症するネズミの餌の中にDHAを混入し、予防効果を調べた。
その結果、DHAがたくさん餌に含まれていたネズミ群はDHAが少量しか餌に含まれていないネズミ群に比べ、アルツハイマー病の病変を示す脳の老人斑(シミ)が40%も減少していたのだ。
海に囲まれる日本。新鮮でおいしい魚を食べられる環境に感謝しよう。

(白澤卓二・順天堂大大学院教授)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。