スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の腸は海藻を栄養にする能力を持つ

2013年2月21日毎日新聞夕刊記事~Dr.白澤「100歳への道」

あなどれぬ腸能力

我々ヒトの体は60兆個の細胞から成り立っているが、腸の中にはそれを超える100兆個の細胞が存在している。
総重量は1キロと軽いものの、数の原理からはヒトは腸内細菌に飼われていると言っても過言ではない。

最近、メタゲノム解析という新しいゲノム解析手法が開発され、ヒトの腸内の細菌叢(細菌の集合体)の実態が分かった。
東京大学大学院新領域創成科学研究所の服部正平教授は日本人の腸内細菌叢の研究の第一人者。
2007年には乳児から大人まで13人の腸内細菌叢に冠するメタゲノム解析を実施、日本人の腸内細菌叢が「ファーミキュテス門(納豆菌)など」「バクテロイデーテス門(日和見感染症を起こす菌など)」「プロテオバクテリア門(大腸菌など)」「アクチノバクテリア門(ビフィズス菌など)」と呼ばれる4種類の菌類に分類できることを明らかにした。
これまでの「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」という古典的な腸内細菌叢の分類を覆し、新たな分類概念に書き換えることに成功したのだ。

100兆個の細菌 絶妙バランス

さらに日本人と欧米人の腸内細菌叢を比較すると、日本人には海藻類を分解する酵素を作り出す細菌が存在することが分かった。この酵素の遺伝子は元来海藻に寄生する細菌が持っていたが、腸の中で日本人の腸内細菌に転移したと考えられる。日本人は昔から海藻をよく食べていたが、海藻を腸の中で分解し栄養源として利用できる能力を持っていたのだ。

さらにネズミの実験でも興味深い知見が得られた。肥満したマウスの腸内細菌叢を健康なマウスに移植すると健康なマウスが肥満になった。肥満のマウスの腸内細菌叢は食物から効率よくエネルギーを抽出できるため、それが太る原因となっていたからだ。やはり腸能力はあなどれない。

(白澤卓二・順天堂大大学院教授)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。