スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝不足が肥満を招く?

2013年4月4日毎日新聞夕刊記事~Dr.白澤「100歳への道」

睡眠時間と肥満度の関係

仕事が忙しくなり、睡眠時間を切り詰めるのは現代人にはありがちのことだ。
 米国と日本での大規模調査では平均睡眠時間が7時間の人が最も長寿という傾向が認められ、それより長くても短くても寿命は短縮する傾向にある。

実際、仕事が忙しくなると、まず運動ができなくなる。次に睡眠時間が短くなり、ついには食事が不規則になって体重が増えてしまう。
 体重が増える原因は運動ができないからなのか、あるいは食事が不規則になるからなのかははっきりしていない。ところが最近、睡眠の短さ自体が体重を増加させるメカニズムが解明され話題を呼んでいる。
「寝不足」に陥った脂肪細胞がエネルギー代謝を変えてしまった結果、体重が増えてしまうという発見だ。

脂肪細胞がエネルギー代謝を変える
米スタンフォード大のシャーラッド・タヘリ博士らの研究グループは、30~60歳の健康な米国人男性1024人を対象に睡眠時間と食欲を制御するホルモンであるレプチンとグレリンの関係を調べた。レプチンは脂肪細胞から分泌される食欲抑制ホルモン、グレリンは胃から分泌されるホルモンで食欲を増進させる働きがある。

調査の結果、睡眠時間が8時間未満の人は睡眠時間が減るほど体重が増える傾向が認められた。
ホルモンとの関係では、睡眠時間が短くなるほど血中のレプチン濃度が低く、グレリンの濃度は上昇した、つまり、脂肪細胞が睡眠不足に陥り食欲抑制ホルモンであるレプチンを分泌できなくなる一方、胃は逆に食欲増進ホルモンであるグレリンをたくさん分泌し、体重を増やすように指令を出していたのだ。

なかなかダイエットができないという人は睡眠時間のチェックも必要だ。

(白澤卓二・順天堂大大学院教授)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。