スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココナツが認知症の進行を抑える効果

2013年7月4日毎日新聞夕刊記事~「Dr.白澤 100歳への道」より

アルツハイマーにココナツ
栄養満点のココナツは認知症の進行を抑える?

米国のメアリー・T・ニューポート医師はオハイオ州出身の小児科医だったが、愛する夫スティーブが若年性アルツハイマー病を発症し、病気が進行する夫を辛抱強く介護する中であらゆる治療の可能性を模索していた。
新薬の臨床試験にスティーブを参加させようとするが、病気が進みすぎて参加できない。
 そんな時、脂肪酸の一種である中鎖脂肪酸の臨床試験を偶然見つける。
中鎖脂肪酸はココナツやパームオイルから抽出されていることを突き止めたメアリーは、ココナルオイルをオートミールに加え夫に食べさせてみる。すると、その日のうちに症状が大きく改善したというのだ。
以来、ココナツオイルを3年にわたり夫に食べさせ続け、アルツハイマー病の進行を食い止めることに成功したという。
 アルツハイマー病は最近、「3型糖尿病」と呼ばれる。
アルツハイマー病の患者の脳ではインスリンの効きが悪くなるからで、そうなると神経細胞はエネルギー源としてグルコース以外にケトン体をエネルギー源として利用することが可能なので、ケトン体が供給されれば神経細胞は活性を保つことができる。
メアリーはココナルオイルに含まれている中鎖脂肪酸がケトン体を代謝した結果、夫に症状が改善したとしている。

米医師が効果「発見」、希望の光に

メアリーが著した「アルツハイマー病が劇的に改善した!米国医師が見つけたココナツオイル脅威の効能」(ソフトバンククリエイティブ社)という翻訳本を慣習した。
食品による治療というメアリーの「発見」は、これまで病気の進行を止める薬が無かったアルツハイマー病患者とその家族に希望の光を与えそうだ。

     (白澤卓二・順天堂大大学院教授)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。