スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシック音楽に健康効果

毎日新聞2016年7月21日夕刊記事より~Dr.白澤『100歳への道』

芸術作品で脳を刺激

前々回のコラムで、前頭葉への磁気刺激治療で神経幹細胞を再生させ認知症を予防する可能性を紹介した。しかし、磁気刺激により分裂した神経幹細胞が神経細胞に分化し神経回路を形成するには、さらなる脳への刺激が必要なことが最新の研究で分かった。
昔から左脳は論理脳、右脳は芸術脳と言われているが、実際、言語を発するときの中枢(運動性言語中枢)は左前頭葉にあり、音楽を奏でるときの中枢(運動性音楽中枢)は右脳前頭葉にあることが分かっている。したがって左右の前頭葉の萎縮を予防するためには、脳トレのような論理回路の刺激のみならず、カラオケや芸術鑑賞による刺激も必要になるだろう。
 
クラシック音楽に健康効果

そこで新宿白澤記念クリニックでは磁気刺激治療後にオルゴール療法も行えるリラクゼーション室を設計した。オルゴールは3.75ヘルツから10万ヘルツの可聴領域を超える幅広い音の響きが脳を刺激するといわれているが、静かに目を閉じ、白鳥の湖(チャイコフスキー)、愛の夢(リスト)、カノン(ペッヘルベル)、アベ・マリア(バッハ)などのクラシック音楽を聴くと脳の深い部分が刺激されるためか演奏が終わったときに涙ぐむ人が多い。

最近のドイツのルール大の研究でも、モーツアルトやシューベルトやシュトラウスなどのクラシック音楽鑑賞に血中脂質濃度と心拍数を下げる効果を認めるが、ポップバンドBBAの音楽を聴いてもそのような健康効果が認められないことが、参加者120人を対象にした実証試験で明らかとなった。

クリニックには私の父で医師でもあった画家・白澤実の絵画が多数展示され、芸術作品に囲まれた環境で磁気刺激治療を受けられる。デジタル化された現出会い社会の中でバランスよく脳の認知機能を維持していくために、芸術作品と触れ合うなどのアナログ刺激が今後、重要になるだろう。

(白澤卓二・新宿白澤記念クリニック最高顧問)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。