スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐辛子とショウガ

2016年9月29日(木)毎日新聞夕刊記事~「Dr.白澤 100歳への道」より

唐辛子とショウガ

唐辛子は中南米を原産とするナス科の果実で、香辛料として世界中に使われている。
食材としてだけでなく、健医薬、しもやけ・凍傷の治療、育毛などの薬として使われた歴史がある。
唐辛子の辛味成分カプサイシンは感覚神経のカプサイシン受容体に結合すると痛み刺激や辛味刺激を起こすことが知られている。
日本でも「激辛ブーム」以来、消費量が増えたが、唐辛子を多く摂取する国では、胃がんや食道がんの発がん率が高いと報告され、唐辛子の過剰摂取との関連性が指摘されている。

食べ合わせで発がん抑制か

一方、ショウガはショウガ科の多年草で根茎が食材や生薬として使われている。ショウガ特有の辛味成分ギンゲロールは血流を促進して冷えを改善する効果や、免疫力を向上させる効能が報告されている。
 唐辛子とショウガはともにアジア料理に幅広く使われているが、一緒に使うと唐辛子による発がん性が相殺されるだけでなく、より健康な食べ合わせになっていることが報告され話題を呼んでいる。

中国の河南大薬学部のシェンナン・ゲン博士らの研究チームは、肺がんを発症しやすいマウスを用いてカプサイシンとギンゲロールが肺がん発症率に与える影響を検討した。その結果、カプサイシン投与群のマウスはすべて肺がんを発症したのに対し、ギンゲロール投与群の肺がん発症率はカプサイシン群の50%に、カプサイシンとギンゲロールの両方を投与した群ではカプサイシン群の25%に、肺がんの発症率が減少していた。研究チームが肺がんの病理組織を解析すると、カプサイシン群ではがん細胞に炎症を伴っていたが、ギンゲロールを併用した群ではその炎症が抑えられていることが分かった。
激辛好みの人は、ショウガをうまく組み合わせることでがんを予防する効果が期待できそうだ。

白澤卓二(新宿白澤記念クリニック最高顧問)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。