古代小麦で作られたパン

2016年10月20日毎日新聞夕刊記事~Dr.白澤『100歳への道』より~

古代小麦で作られたパン

米国で130万部のベストセラーとなった「小麦は食べるな!」の著者、ウイリアム・デイビス博士によると、米国産の現代小麦は繰り返し行われた品種改良でグルテンの含有量が高くなり、パンがふんわり膨らむようになった。一方で、血糖が上昇しやすく、たとえ全粒粉の小麦を使っても肥満、2型糖尿病、心臓病や認知症の発症リスクを上げていると、その著書の中で警鐘を鳴らしている。

血糖値低下のデータも

心臓病のリスクを軽減できるのか。イタリアのフィレンツェ大のアリス・セレニ博士らの研究チームは、現代小麦で作ったパンを古代小麦で作ったパンに置き換えることによりコレステロール値や血糖値を下げ、心臓発作や脳卒中のリスクを下げ荒れる可能性を示唆し、話題を呼んでいる。平均年齢50歳の健康成人45人を対象に、現代小麦によるパンをベルナという古代小麦で作られたパンに8週間置き換えた前後で、血糖、総コレステロール、LDLコレステロール値を検討。その次の8週間は再び現代小麦のパンの置き換え、最後の8週間はジェンティルロッソ、あるいはアウトノミアBという他の古代小麦で作ったパンに置き換えた。その結果、ベルナのパンを8週間摂取すると総コレステロールは前値に比べ3.1%、血糖値は5.6%も低下していることが分かった。ほかの2種の古代小麦のパンについても、同様の傾向が観察された。

ただ、小麦を有機農法で栽培したか、農薬や化学肥料を用いた慣行農法で栽培したかは、数値に影響を与えなかった。これステロ値や血糖値がきになるひとは、現代小麦から古代小麦に置き換えた方がより健康的になるだろう。

(白澤卓二・新宿白澤記念クリニック最高顧問)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ymecy

Author:ymecy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR